知らないと怖いバストアップサプリの副作用の話
バストアップサプリは体にメスを入れることなく、胸を大きくできる方法として胸に悩む多くの女性から支持されているバストアップ方法ですよね。

胸に自信のない人は一度は考えたことのあるバストアップ方法ではないかと思います。

ただ、バストアップサプリは魔法の薬ではありませんので、飲めば飲むだけ胸が大きくなるわけではありません。

気を付けないといけないのが、バストアップサプリに含まれている成分による副作用。

過剰摂取をしたり、飲む時期を間違えたりすると、副作用が起こる可能性があります。

今日は、バストアップサプリを飲む前に知っておきたい副作用のお話をしたいと思います!


具体的にどんな症状がでるの?

バストアップサプリで起こる可能性がある代表的な副作用には以下があります。
・生理不順
・頭痛
・腹痛
・吐き気
・倦怠感
・肌荒れ
・不正出血

その他、子宮がんや乳がんなどの副作用が起こる可能性もゼロではないと言われています。実際に子宮がんや乳がんになってしまった、という口コミを私は見たことはありません。

ただ、多くのバストアップサプリに含まれている成分が持っている女性ホルモン様作用は、女性ホルモンと似た働きをします。

乳がんや子宮がんは女性ホルモンの影響によるものですので、女性ホルモン様作用のあるバストアップサプリで乳がんや子宮がんになる可能性も否定できないというわけですね。


副作用が起こりやすい人は?

バストアップサプリを飲んだら全員に副作用が起こるわけではありません。

それではどんな人が副作用を起こしやすいのでしょうか?

バストアップサプリで副作用を起こしやすいのは以下の人です。

・含まれている成分が体に合わない
・食べ物アレルギーを持っている
・ピルを日常的に飲んでいる
・摂取量を守らない
・飲むタイミング、時期を考えず毎日飲む

上記のような人は副作用が起こしやすいので、気を付けましょう。

成分が体に合わずに副作用が起こるかどうかは、飲んでみないとわかりません。いくつかのバストアップサプリにはお試し用やトライアル品といった、安くて内容量の少ないものが売られています。

バストアップサプリは、定期コース販売が一番安く購入できます。ただ、定期コースを購入して、飲み始めてすぐに副作用が出てしまうとわかった時、購入したバストアップサプリがムダになってしまうことがあります。

また、定期コースはだいたい3回くらいまでは解約ができませんので、いきなり定期コースを申し込むのではなく、単品で購入したり、トライアル品で購入したりして、まずは体に合うかどうかを試してみることをおすすめします。


どうやって防ぐの?

バストアップサプリで絶対に副作用が起きない、という人は限りなく少ないです。

副作用も効果も全く実感できなかった、という口コミを見たことがありますので、副作用が起きない人も稀にですがいないわけではありません。

ただ、多くの人は、バストアップサプリで副作用が起こる可能性がありますので、副作用に関する正しい知識を身に付けて、副作用が起きるリスクをできるだけ少なくしましょう。

副作用を起こさないために覚えておきたいバストアップサプリの飲み方が以下の3つ。

1. 適正量(摂取量)を守る
2. 飲む時期を守る
3. 質の良いバストアップサプリを選ぶ

1. 適正量(摂取量)を守る

摂取量を超えて飲むことで副作用が起こるリスクが上がりますので、適正量は必ず守りましょう。

風邪薬も飲むことで症状が良くなったりしますが、大量に飲めば治りが早くなったりするものではありませんよね。

バストアップサプリもたくさん飲めば早く胸が大きくなったり、より効果を実感できる魔法の薬ではありませんので、副作用を起こさないために摂取量は守って飲むようにしましょう。

2. 飲む時期を守る

飲む時期というのは、プエラリアのようなエストロゲンに似た働きをする成分が含まれているバストアップサプリの場合は卵胞期に飲み、ワイルドヤムのようなプロゲステロンのような働きをする成分が含まれているバストアップサプリは黄体期に飲む、というのものです。

この配合成分と飲む時期というのはバストアップにとって特に重要な要素であり、副作用を起こさないためのひとつの条件でもありますので、あなたが飲むバストアップサプリはどの時期に飲むと一番効果的なのか、副作用が起きにくいのかを調べてから飲むようにしましょう。

3. 質の良いバストアップサプリを選ぶ

質の悪いバストアップアプリというのは近年減ってきたと言われています。以前はプエラリアに似た植物の塊根や、全くバストアップ効果がないハーブが配合されたバストアップサプリが多く出回っていたという噂があります。

今はこうした悪質な商品は減ってきたと言われていますが、質の良くないプエラリアが含まれているバストアップサプリは今でもあると個人的には思っています。

というのは、サプリによって金額が全く違うからです。
プエラリアが配合されたサプリを例に挙げますと、100円で購入できる商品から10,000円を超える商品までピンキリですよね。

本当に質の良いプエラリアはそれなりの価格がすると言われていますので、数百円で購入できるようなサプリに含まれているプエラリアは養分があまり含まれていない端っこだったり削りカスだったりします。

「プエラリア配合」とうたっているのに、プエラリアが配合されていない場合、体にどんな副作用が起こるかわかりません。

上記のように、質の良いバストアップサプリを選ぶ、というのも副作用を防ぐためのひとつの方法と言えます。


副作用の起きにくいバストアップサプリ

最後に副作用が起きにくい、と言われているバストアップサプリを紹介したいと思います。

1. ピンキープラス
2. B-ビューティサプリグラマー
3. レディーズプエラリア99%

1. ピンキープラス

まずはピンキープラス。こちらのバストアップサプリは、上記で紹介したような女性ホルモンに似た成分が含まれていません。

ではどうやってこのサプリでバストアップするのでしょうか?

実はこのバストアップサプリは、バストアップしない原因を排除することによって自然で健康的なバストアップを目指す、というコンセプトで作られています。

あなたもご存知の通り、バストアップには女性ホルモンの分泌が不可欠です。

例えばストレスが溜まっていたり、睡眠不足だったり、体が冷えやすかったりすると、バストアップの可能性が下がります。

ピンキープラスはこうした原因を排除するような成分を配合していて、自然に分泌される女性ホルモンを増やし、バストアップしやすい体にしてくれるサプリ、というわけです。

副作用が怖い、という方に一番おすすめの商品ですね。

2. グラマー

バストアップサプリで豊胸しようとしたら、候補のひとつにあがるのがこのグラマーだと思います。

このサプリはピンキープラスとは違い、女性ホルモンに似た作用を及ぼす成分を配合しています。

ではなぜ、グラマーが副作用の起きにくいバストアップサプリと呼ばれているかというと、女性ホルモンが分泌過剰の状態にならないように、ホルモンバランスを調節する成分が含まれているからです。

ですので、このバストアップサプリを飲んでもホルモンバランスが崩れにくく、副作用が起きにくいというわけです。

3. レディーズプエラリア

こちらのバストアップサプリもグラマーと同様、あなたも聞いたことがあるサプリだと思います。

上でも紹介したように、品質の良い成分が配合されたバストアップサプリというのは副作用が起きにくいサプリの条件でもあります。

この観点から言うと、レディーズプエラリアは副作用の起きにくいバストアップサプリのひとつと言えます。

配合されているプエラリア・ミリフィカは樹齢30年以上の塊根で、使っているのは一番養分が多い中心部のみ。

レディーズプエラリアはバストアップサプリの中でもトップクラスの原材料を使用している商品なので、質の悪い原材料を使用している商品に比べると副作用が起きにくいというわけですね。


ここで紹介した3つのバストアップサプリは、副作用が気になっている方におすすめしたい商品ですので、商品選びで悩んでいる人は候補にいれてみてはいかがでしょうか。


まとめ

いかがでしたでしょうか。
今日はバストアップサプリの副作用について、飲む前に知っておきたい情報を紹介しました。

バストアップサプリで胸を大きくしようと思ったら、副作用の心配は常についてまわるものだと思いますので、できるだけ副作用のリスクを減らして健康的にバストアップに励みましょう!


Filed under: バストアップサプリ — 19:52:00